経営の姿勢とフェイシャルエステ

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > サプリメントと飲み合わせについて

サプリメントと飲み合わせについて

サプリメントにも飲み合わせということがあるのをご存知でしたか?食い合わせなども聞いたことがある人も多いと思いますし、薬の飲み合わせを気にしている人も多いと思います。

サプリメント同士であまり良くない飲み合わせというものはないのですが、そうではなく薬との飲み合わせについて気をつけなければいけません。

もちろんサプリメントの飲み合わせとして摂取しすぎることには注意しなければいけません。サプリメントには色々な種類がありますが、ハーブ系などの差うり面との場合には、裁量に使われているものによっては、薬とよく似た効果が表れることもありますから、よくサプリメントの注意書きなどを読んだ上で摂取しなければいけません。

これから書くサプリメントと薬の飲み合わせについてはよく覚えておいて、自分で気をつけるようにしましょう。まず抗生物質は、細菌治療などにもよく利用されますが、ビタミンAのサプリメントとは飲み合わせが悪いとされていますから注意しましょう。

そしてビタミンAは他にも、抗凝固剤や、角化症治療剤、抗がん剤とも組み合わせてはいけないことになっています。

そしてビタミンB6サプリメントですが、こちらは、パーキンソン病の治療薬との組み合わせは危険です。

ビタミンCサプリメントをよく摂取する人がいると思いますが、こちらは利尿剤との組み合わせはよくありませんし、ビタミンDサプリメントは、強心剤との摂取は避けましょう。

ビタミンEサプリメントは血液凝固防止剤と組み合わせてもよくありません。妊婦さんが摂取するのに効果的であるといわれている葉酸サプリメントは、抗てんかん剤との組み合わせはよくないといわれています。

副作用が起きるというわけではなくて、治療を妨げる、サプリメントの効果も出ませんし薬の効果自体も妨げてしまうというような理由から、組み合わせるとよくないといわれていますから、サプリメントをこれから接種するというバイアには、これらの組み合わせにならないようにしてサプリメントを飲むことが大切です。

サプリメントや薬をせっかく飲むのですから、どちらも効果のあるような飲み方をした方がいいですよね。もっと細かいことを言えば、硬水とサプリメントはあまり良い組み合わせではありませんから、できるだけ他の水を組み合わせて飲むことが、サプリメントの効果をより効果的に体の中に入れることが出来る飲み方になりますので覚えておきましょう。