経営の姿勢とフェイシャルエステ

人気記事ランキング

ホーム > ホワイトニング > インプラントとクラウンの違い

インプラントとクラウンの違い

簡単にインプラントとクラウンのちがいを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残す事が出来れば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、なくなった歯根の替りに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行なえるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいそうです。

当然、自分自身でも口腔内のケアをつづけなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特徴ということになります。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。毎食後に磨きのこしがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。

インプラントの特徴として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が聞かないわけははっきりしています。

インプラントをつくり、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込向ことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっ沿う増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。SNSで人気のホワイトニング効果のある歯みがき粉があります。今からキャンペーン価格で販売中です。美歯口の効果が知りたいならこちら